ブログ |    

岡山海事株式会社
岡山海事株式会社

ブログ

2021年07月02日 [水利施設]

M氏池に潜るっ!

お疲れ様です、専務です。

今日は、再びM氏の作業記事です。

弊社は、潜水工事(水中に何かをつくる)や
潜水作業(調査・確認や、プロペラの巻込み解除)などの
業務を行いますが、これらは主に次の系統になっております。

〜公共工事・作業〜


発注者(国や県などの役所)→元請け(ゼネコンやマリコン・小規模建設会社が入札などで落札)→
下請け(とび、土工、潜水などの専門会社 依頼が元請けより有り、工事契約を結ぶ)


〜民間工事・作業〜


発注者(組合や団体・個人)→元請け(小規模建設会社が依頼を受ける)→
下請け(とび、土工、潜水などの専門会社 依頼を元請けより受ける)
※元請けなしで発注者から専門業者へ直接依頼もある

ざっくりこんな流れで仕事が行われますが、
今記事の水利施設(ため池、用水路、小規模除塵機など)は、
町や県の所有ですが

水利委員(近所のお年寄りの場合が多い)


として任命?された方に管理委託(または役所が現在ノータッチ)している場合が多いです。

ですので、こういった水利施設の作業依頼(民間)は
一般の方から電話がかかってくることが多いです。

「あー、オカヤマカイジさん?(ちょっと緊張してる感じ)
〇〇のため池が漏れよんじゃ〜潜って見てほしいんじゃけど・・・」



えっ???誰?誰か担当者いたっけ?過去も作業したっけ?
ローカルな地名じゃ分からないな〜、ため池の構造は?水漏れの程度は?
って場合がほとんど。

「あの失礼ですが、どちら様でしょうか?」
場所(住所)はどちらのため池でしょうか?
だいたいどの辺から水が漏れていますか?
何日の何時にお伺いすれば宜しいでしょうか?」



ってな感じで、いったん落ち着いて頂いて、内容を整理して確認しないと
何が起きているのか掴めない第一報が多いですね。
※過去には、井戸を掘ってほしいとご相談が来ましたので

「掘れません」


っと丁重にお断りしたこともw

ため池と一口に言っても、都会では防火(消化?)用水などが多いので
一般の人にあまり目につきませんし、立入禁止です。

しかし、地方ですと農業用水でその辺にたくさん存在していますし
オープンエリアですので、転落して溺れる事故も多いですよね。
そして、大きさや構造も様々です。

ご依頼が多い

”水漏れ”は栓や樋門が閉まりきらずに、漏れてる場合が多いです。


※経験上90%以上は上記で、決壊などは起きていない

〜構造はこんな感じ〜
ため池

斜樋

〜ため池栓※階段にあけた排水溝の蓋のことです。チェーンでパカパカ開閉させます。〜
ため池栓

〜底樋※一番底にあるからソコヒです。〜
底樋
樋門☆一流専門企業:大和鉄工所様資料より勝手に抜粋☆※ゴメンナサイ

そして、今回の現場は岡山県赤磐市〇〇の池
ため池
規模としては中規模です。

しかし構造は説明したものとほぼ同じで、階段にあるため池栓より漏れてる感じため池栓

〜確認状況〜
確認状況
M氏に確認してもらったところ、
ため池栓の上から4番目と8番目それぞれチェーンが挟まり
蓋が閉まり切っていなかったとの事。。。

はっきり言って、人為的ミスです。
めちゃくちゃ頻度が多い事例です。

管理されている方が、
チェーン引っ張る→蓋開ける→試しに排水してみる ジャーー 「ムフフよっしゃ!よっしゃ!」→
チェーン緩めて蓋を閉める→緩めすぎてチェーン挟む→
蓋閉まり切らない(自分ではちゃんと閉めたと思い込む)→水は少量だが隙間から流れ続ける→
気づかずその日は帰る→別の日に何か漏れてることに気づく→慌てて電話してくる
っというパターン。

挟まったチェーンを引っ張り出し、全ての栓が完全に閉まり、排水が止まったことを確認し
作業終了。

しかしながら、このため池作業 簡単に説明しておりますが
ある意味かなり危険な作業の部類です。

なぜなら、

大量の水を小口径の排水溝より水圧のみで排水する設計だからです。



仮に誤って手を吸い込まれてしまった場合、
ハンドル式などのバルブがあるなら、閉めれば吸引力は無くなり手は抜けますが、
ため池栓などの場合は、池の水を別の場所から排水し
水位を下げるまで絶対に手は抜けません。
その間に手は内出血し、再起不能でしょう。
底樋などに吸われた場合、全身吸われますので
排水路でバラバラになりお亡くなりになるでしょう。

ですので、若者をため池で作業させる前は、かなり五月蠅く指導します。
そして、現場でも心配でソワソワします。

しかし、田舎の潜水士にはかなり頻度の高い業務なので、
経験させなければいけません。

恐怖心がなくなったら、慣れ過ぎたら
必ず災害が起きますからね。

しかし、今回もM氏は無事に
そして完璧に完了させてくれました。
優秀な部下がいると、オジサン楽です。

※楽な業務ばかりで、お腹が出てきたことは社外秘です。



長くなりましたが、今回はここまで。
めでたしめでたし。

PageTop

Copyright(C) 岡山海事株式会社 All Right Reserved.